筑紫野フットボールファミリー

筑紫野市で活動をしている社会人サッカーチームです。

シニアリーグ 第7節(R1.9.15)

シニアリーグ第7節が行われました。

この日は暫定首位のダンディーズと暫定3位のPAFとの上位対決。

総勢14名の参加となりました。

f:id:jun_0017:20190915175209j:image

先発にはFWに平本さん、MFに大井(宏)、山田、添田、森下、トミー、DFにカズさん、古賀、川本、保利さん、GKに永田さん。

直樹さん、松尾さん、村田も途中出場。

 

VS P・A・F

1−3 ○

得点者:添田(トミー)

 

第1試合は前回1-1で引き分けてるP・A・F戦。試合序盤の入りは良かったものの、お互いに決定機が少ない展開。

右サイドから相手を崩されるとファーで待っていた相手に押し込まれて失点。

先制点を献上する苦しい展開も、川本のゴールキックを村田がすらして、トミーが抜け出し。グラウンダーのセンタリングに添田がシュート。一度は相手DFにブロックされるも、再度プッシュして同点ゴール。1-1で前半を折り返し。

後半の序盤は相手陣地に押し込む時間帯が続くも、右サイドから突破されてセンタリングを上げられるとミスキックでふんわりループがそのままゴールに吸い込まれて逆転される。

この失点でがっくりしてしまったのか、終盤にはカウンターから3点目を喫し、1-3で試合終了。

 

続く2試合目はダンディーズ。

先発はFWに平本、MFに大井(宏)、山田、森下、添田、トミー、DFにカズさん、古賀、川本、保利さん、GKに永田さん。

松尾さん、村田も途中出場。

 

VS ダンディーズ

4-1○

得点者:トミー(大井(宏))、大井(宏)(森下)、平本(村田)、森下

 

前回は1−0で負けているダンディーズ戦。この試合も前の試合同様、試合の入りは悪くなく、優勢に試合を進める展開。

前半のうちになんとか先制点を取りたい状況で、コーナーキックの溢れから大井(宏)がグラウンダーのシュートに足を出してコースを変えたのはトミー。

追加点を取りたい前半だったものの、先制後のコーナーで上手く合わされて早々に同点に。ライン上で保利さんも必死にクリアしようとするものの、一歩間に合わず。そのまま1-1で折り返し。

後半に入ると前節まで1失点のダンディーズにゴールラッシュ。

中盤でボールをカットすると、森下が大井(宏)にスルーパス。そのままズドンと突き刺し逆転に成功。

そのままの勢いで山田のサイドへの展開に村田が折り返し、ファーから低空飛行で飛び込んだ平本さんがボレーで押し込み3点目。

最後は相手のゴールキックを拾った森下が一枚DFを剥がして、綺麗に流し込んで4点目。4-1で試合終了。

f:id:jun_0017:20190915175230j:image
今日の審判当番は敢太さん、直樹さん、古賀にご協力いただきました。次回シニアリーグは9月22日、第1試合は14:10からCCオールスター戦、第2試合は15:00からラヴィータ戦が予定されています。試合前の13:20に審判当番、ガリかけ当番があります。

積極的なご参加、よろしくお願いいたします。

シニアリーグ 第6節(R1.8.25)

シニアリーグ第6節が行われました。

7月に予定していた第5節は雨天順延のため、日程を予備日に順延する予定とのことです。

この日は総勢16名としっかりと人数は揃うことができました。9月以降、久留米リーグも始まります。早めの出席確認にご協力くださいませ。

f:id:jun_0017:20190825160639j:image


先発にはFWに濱ちゃん、MFにトミー、山田、平本、大井(伸)さん、村田、DFにカズさん、川本、古賀、保利さん、GKに永田さん。

直樹さん、大井(宏)、添田、峯さんも途中出場。

 

VS 太宰府市役所

3−0○

山田、トミー(山田)、大井(宏)(村田)

 

第1試合は前節8-0で勝っている太宰府市役所。今日も試合序盤から終始ボールをキープするものの、要所要所でボールがなかなか繋がらずゴールが遠い試合でした。

それでも前半、左サイドに流れた大井(伸)さんから中で待つ濱ちゃんがドフリーでドンピシャのヘッド。相手GKがセーブも溢れた球を山田が難なく押し込みようやく先制。

続けて中盤でカットした山田が左サイドのトミーにスルーパス。パスを受けたトミーが冷静に逆サイドに流し込んで追加点。追加点でこのまま勢いに乗るかと思われたものの、前半はこのまま2-0で終了。

後半からは大井(宏)も入り、トミーとの両ウイングで幾度となくチャンスを作るも追加点が奪えず。

この試合はペナルティエリア内でボールを待つカズさん、左足のシュートを放つ保利さんらが積極的に攻撃参加。DF陣全員が再三オーバーラップを仕掛け、惜しいところまでは行くものの、ゴールには繋がらず。

後半の終盤、中盤で相手のパスをカットした敢太さんの落としから、村田が左サイドへスルーパス。抜け出した大井(宏)がキーパーと1対1を冷静に流し込み3点目。

そのまま3-0で試合終了。

 

 


続く2試合目はラヴィータ。

先発はFWに平本、MFに大井(宏)、山田、古賀、大井(伸)、トミー、DFにカズさん、川本、峯さん、保利さん、GKに永田さん。

直樹さん、添田、村田も途中出場。

 

VS マルソウ

1-0○

得点者:平本

 

前回は2−2で引き分けているマルソウとの上位対決。キックオフ直後に山田から左サイドの大井(宏)、そこから平本さんへのスルーパスで決定的チャンスに抜け出すも惜しくもゴールならず。

相手を押し込んで試合に入りボールを左右に散らす中、右サイドで仕掛けた大井(伸)さんのセンタリングが相手DFの手に当たりPKの判定。誰もが先制点を期待するPKをセットしたのは、誕生日だった大井(伸)さん。慎重に狙った結果、左のポストに嫌われ痛恨の失敗で、先制ならず。

その後チャンスを作るもなかなかシュートまで行けなかった前半の終盤。ゴール中央の山田の相手DFの股を抜くミドルシュートは相手GKにセーブされるものの、平本さんが左足で押し込んで欲しかったゴール。欲しかった先制点を得て、1-0で前半を折り返し。

後半に入ると次第に足も止まりだし、相手の再三の攻撃にさらされるもの、この日アンカーに入った古賀とセンターバックの川本、峯さんらDF陣を中心に跳ね返す。

この試合は永田さんが守護神の大活躍。抜群の飛び出しで危険な場面をことごとくセーブ。相手のシュートを幾度となく跳ね返してゴールを死守。

最後まで集中を切らさず、前半の1点を守りきり無失点で勝利。この日は2連勝で勝ち点6を得ました。

f:id:jun_0017:20190825160651j:image


今日の審判当番は敢太さん、大井(伸)さん、添田にご協力いただきました。次回シニアリーグは9月15日、第1試合は10:50からP・A・F戦、第2試合は12:30からDANDYZ戦が予定されています。試合前の10:00に審判当番となっています。

積極的なご参加、よろしくお願いいたします。