筑紫野フットボールファミリー

筑紫野市で活動をしている社会人サッカーチームです。

シニアリーグ 第1節(H31.4.14)

シニアリーグ第1節が行われました。

今シーズンの開幕戦、出席者は総勢20名となりました。

筑紫野フットボールファミリー カウンターズ vs筑紫野FC 1904

先発にはFWに大井(宏)、濱ちゃん、トミー、MFに森下、山田、大井(伸)さん、、DFにカズさん、峯さん、古賀くん、牛島さん、GKに永田さん。

直樹さん、高くん、川本くん、平本さん、添田、保利さん、村田も途中から出場。

 

VS 筑紫野FC

2−0○

山田、添田(大井(宏))

 

今シーズンの開幕戦、ベンチにも人数が豊富に待機しており、前半の途中、 ハーフタイム、後半の途中と3回の交代時間を作って敢太さん以外は全員出場しました。今シーズンから移籍した直樹さん、出見さんを含め、初戦から古巣対決となりました。

 

前半から押し気味に試合を進めるいつもの展開。中盤でボールをキープして、両ウイングの大井(宏)、トミーをワイドに走らせる展開で試合を有利に進めました。

相手DFの中への横パスを中盤でカットした山田が前に出ているGKをよく見て、頭越しのロングシュート。昨シーズンも何度となく見た山田の個人技で幸先よく先制。

前半のうちに先制すると、勢いそのままに、右サイドに来ていた大井(宏)がドリブルを開始。相手DFと交錯しながら、ゴリゴリ3枚のDFを剥がしながらペナルティエリアに侵入。中にゴロの横パスを送ると待っていた添田が難なく合わせて前半のうちに追加点。

終盤には濱ちゃんのポスト直撃のシュートもあるも、2−0で折り返し。

後半に入っても相手にシュートを打たれる場面もそれほどなく、主導権を握ったまま。大井(宏)が左サイドを突破して、1対1を中で待つ高くんにプレゼントパスするビックチャンスには、惜しくも高くんのシュートがヒットせず。

このまま試合終了し、開幕戦を2−0の勝利で飾りました。

 

筑紫野フットボールファミリー カウンターズ vsPAF 1904

続く2試合目は過去1度しか勝ったことのないP・A・F戦。

先発は1試合目同様、FWに大井(宏)、濱ちゃん、トミー、MFに森下、山田、大井(伸)さん、、DFにカズさん、峯さん、古賀くん、牛島さん、GKに永田さん。

高くん、川本くん、平本さん、添田、仁田さん、村田も途中から出場。

1試合目に出場した直樹さん、保利さんは負傷のため帰宅。

 

VS P・A・F

1−1△

大井(宏)(濱ちゃん)

 

1試合目はなんとか天気は持っていたものの、この試合はキックオフ前から小雨が落ち、雨の中での試合となりました。

1試合目と同様に、比較的ボールをキープして試合には入れたものの、最後のところまでは持って行けず。シュートまではなかなか打てない展開で、時折カウンターから危ないシーンを作られ、峯さんを中心としたDF陣と永田さんの飛び出しで跳ね返し、なんとか無失点で耐えるも、前半の終盤の相手コーナーキック。

ファーに上がったボールにヘディングを打たれ、ポストに当たってゴールライン上に転がったボールをなんとか古賀くんがクリアしたように見えたものの、ラインを割っていた判定で失点。

後半は前半以上に耐える時間帯が増えるも、永田さんのセービング、峯さんの必死のクリアで追加点は与えず。

左サイドのスローインから、濱ちゃんが受けるとドリブルをしながら密集しているペナルティエリアに侵入。細かく縦にボールを入れると、大井(宏)が角度のないところから、ドリブルでワンフェイクで弾丸シュートでニアをぶち抜き、歓喜の同点。

サイドバックに入った古賀くんが、オーバーラップで中でボレーを合わせるチャンス、浮き玉に抜け出した平本さんが1対1のチャンスがあったものの、このまま1−1で試合終了。

 

今日の審判当番は川本くん、濱ちゃん、山田にご協力いただきました。次回シニアリーグは5月12日、第1試合は14:10からCCオールスター戦、第2試合は16:40から太宰府市役所戦が予定されています。15:00には審判当番、グラウンド片付け当番があります。

積極的なご参加、よろしくお願いいたします。

※順位表は分かり次第、更新します。