読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筑紫野フットボールファミリー

筑紫野市で活動をしている社会人サッカーチームです。

シニアリーグ 第7節 雨天順延試合(H28.10.30)

先週に引き続き、雨天中止となり順延となっていました第7節のシニアリーグが行われました。今日はすっきりとした天候で、過ごしやすい午前中の10:40からのキックオフとなりました。

 

f:id:jun_0017:20161030172429j:plain

 

第1試合の先発はFWに平本さん、大井(ヒロ)さん、MFに村田、ナリさん、大井(伸)さん、和田さん、DFにカズさん、峯さん、マサ、松尾さん、GKに森さんでスタート。

途中出場で敢太さん、佐伯さん、保利さん、谷さん。見学に森さんと総勢17名の参加となりました。

 

VS マルソウ

1-2 ●

 

得点者:大井(ヒロ)さん(谷さん) 

警告:マサ

 

 

キックオフ直後からなんとなくふわっとした入りとなってしまいました。こちらがボールを回してはいるものの、収まりどころもなくなんとなく試合が進んで行ってしまった印象です。相手ゴールには迫っているものの、シュートまで行く展開を作れないまま前半が進みました。

スコアが動いたのは前半の途中から交代で入った谷さんから、縦パスを受けた敢太さんがいい落としでリターンを受けた谷さんがスルーパス。ペナルティエリア内で相手ゴールキーパーをよく見て大井(ヒロ)さんがゴールに流し込み先制。

 

先制直後、相手が反撃。

ゴール前に上げられたボールに対して必死に競り合う中、相手がヘディングに行こうとしたところを峯さんが足で競ってPKの判定。

一度はペナルティスポットにボールがセットされるものの、抗議の結果ハイキックのために間接FKに。相手の頭に足が当たっていたらキッキングでPKでしたが、当たってはいないので危険とみなすプレーとして再開されました。

PKの判定から一転間接FKとなったこのピンチもほぼ全員がゴールエリア内に壁を作り切り抜け前半を1−0で折り返し。

 

後半も前半同様に収まりどころがないものの、なんとなくボールはキープできている展開で時折シュートを打てても肝心の追加点を取れず。

そのまま終盤の残り5分辺りで、ハーフウェラインでボールをカットされて縦パス1本。追いついた相手選手がゴール前にボールを上げダイビングヘッドを綺麗に合わされ終盤に同点に。

そして試合終了間際、ゴール前でのパスミスをカットされ逆転ゴールを許し、直後に試合終了のホイッスル。先週の試合に続いて最終盤に失点を喫し、またしても悔しい黒星。

 

来週の11月6日には社領グラウンドで練習試合、また11月20日にはシニアリーグ第8節、9:00から筑紫野FC戦、14:50からJETS戦を予定しています。

積極的な参加への協力をよろしくお願い致します。 

 

chikushinofootballf.hatenablog.jp

最後に、現在久留米リーグを中心に若手メンバー募集を積極的に行なっています。こちらのページに問い合わせ窓口を作成しております。Facebookからのメッセージでも構いません。

見学等お気軽にお問い合わせください。