読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筑紫野フットボールファミリー

筑紫野市で活動をしている社会人サッカーチームです。

シニアリーグ 第6節 1試合前半のみ(H28.9.18)

シニアリーグ、第6節が行われました。

 

3連休明けの中日、台風接近の影響か今節も前節に引き続き雨の中での試合となりました。事前連絡では雨でもリーグ戦は行うとのことでしたが、今節は雷のために1試合目の前半のみでの中断となりました。

 

f:id:jun_0017:20160918212559j:plain

 

第1試合の先発はFWに濱ちゃん、MFに大井(伸)さん、佐伯さん、出見さん、ナリさん、村田、DFにカズさん、峯さん、マサさん、和田くん、GKに阿部ちゃんでスタート。

途中出場で敢太さん、平本さん、堀川、山ちゃん、根井くん、松尾さん、保利さんも出場。総勢18名の参加となりました。

 

VS GOOD

2-0 (前半のみ)

 

得点者:峯さん(大井(伸)さん)、根井くん(保利さん)

 

小雨がぱらつく状況でしたが、試合前まではそこまで激しく降る雨ではなく、サイド以外は水もたまらずに比較的試合のできるグラウンドコンディションでした。

「動けなくても声は出す」との敢太さんの指示のもと、試合の入りは良く全体的に声も良く出ていました。キックオフから主導権を握ってボールを回せる展開。相手ボールになっても要所でプレスを早めにかけることができ、危ないシーンはほぼ作られませんでした。

 

得点が動いたのは前半早々の右サイドのコーナーキックから。大井(伸)さんが蹴ったボールは相手GKの上を越え、センターで待っていた峯さんの顔にドンピシャ。額ではなく、顔に当たってフニャッとした感じでしたが、どフリーでGKの上からゴールを押し込み先制点。

先制点を取ってもすぐに追いつかれる最近の試合内容ですが、この日はその後も集中して対応できました。

 

先制後は雨脚が激しくなり、グラウンドのいたるところでボールが普通に蹴っても止まってしまうコンディションで相手もロングボールを蹴り込むに終始し、しっかりと跳ね返しながら対処。

 

前半の10分が過ぎたあたりで、7枚替え。

その後も雨脚は激しくなり、ますますボールが飛ばなくなる状況で、オーバーラップした保利さんが右サイドからシュートのような強目のパスを根井くんが左足でうまく収めてワンタッチでDFを交わしGKと1対1。

前半の終了間際に相手GKの動きを冷静に見てゴール左上に蹴り込み追加点。

 

その後、激しい雨から雷雨に変わったために、前半2−0のまま、試合は終了。この試合の扱いは、リーグ運営に確認中です。2−0のまま勝ち点3となるのか、2−0の後半戦を行うのか、0−0から再試合を行うのかまだ分かっていません。

 

f:id:jun_0017:20160918214651j:plain

 

次週シニアリーグは9月25日9:00、11:30に予定されています。運動会ウィークとも重なり、多くの欠席者が予想され次節棄権も検討しています。できる限り棄権は避けたいため、早急の出欠確認をお願いいたします。

 

第1試合は9:00よりビエント。

第2試合は11:30よりP.A.F。

 

リーグ戦の被っていた久留米リーグの第3節は参加が困難のため、棄権としています。

 

f:id:jun_0017:20160918214740j:plain

中断にならなければ審判協力予定だったお二人。

先制点と追加点のアシスト。この試合、スタッツとして流れないといいですね。