読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筑紫野フットボールファミリー

筑紫野市で活動をしている社会人サッカーチームです。

シニアリーグ 第3節、第4節

シニアリーグ、第3節、第4節が行われました。

お子さんの運動会等と被る日程の中、なんとか人も集まりました。

試合前の審判当番は阿部ちゃん、ナリさん、村田で担当。

 

IMG_5002.jpg

 

今日の試合も、日差しの強い天候で体力的にきつい試合となりました。

 

第1節の先発はFWに峰さん、平本さん、MFに草くん、賢くん、山崎さん、村田、DFに松尾さん、橋本さん、ナリさん、保利先輩、GK森さんでスタート。

 

阿部ちゃん、敢太さん、佐伯さんは途中から試合に入りました。

 

VS 筑紫野FC

2-2 △

 

前半開始早々、相手キックオフのボールに前からのプレスでボールを奪取。

村田と峰さんでワンツーで右サイドを崩してグラウンダーのセンタリング。

平本さんが中で潰れて、賢くんが左足でゴール左隅に流しこんで幸先よく先制。

 

このゴールで浮き足立った筑紫野FCを攻めたてるも、なかなかフィニッシュまで行けず。

逆にミスから相手に左サイドを突破され、同点に追いつかれると次第に相手ペースに。

DF陣、森さんの守備をする時間が増えるものの、なんとか同点のまま前半終了。

 

後半に入っても筑紫野FCに主導権を握られたまま、シュートは打たせない粘りのディフェンスで反撃を試みる。

終了間際に右サイドを筑紫野FC、今村がペナルティエリア内で深くまでえぐり、坂本さんの足下へ優しいバックパス。

坂本さんがそのままニアに転がして均衡破れ1−2と逆転を許す。

時間のない中厳しいゴールを奪われるものの、キックオフのスタートからハーフウェーライン付近で阿部ちゃんがファウルを受けFKを獲得。

 

阿部ちゃんが蹴ったボールに相手DF陣、攻撃陣競り合って、こぼれ球が敢太さんの所に。

右足で左のサイドネットに流し込み値千金の同点ゴール。

 

その後の相手キックオフしたところで試合終了。

 

IMG_4991.jpg

 

先制点と同点ゴールのお二人。

 

 

 

IMG_5007.jpg

 

中2試合空いて第4節。

試合が始まる前は筑紫野FCのベンチにお邪魔して応援をしてました。

次の試合では同様にベンチに筑紫野FCの応援がありました。

審判は坂本さん。

 

第4節の先発はFWに峰さん、平本さん、MFに賢くん、阿部ちゃん、山崎さん、村田、DFに松尾さん、橋本さん、ナリさん、保利先輩、GK森さんでスタート。

前半に山崎さんが怪我のアクシデントのため、DFに峯さん、MFにナリさん、FWに敢太さん、佐伯さんとメンバーを入れ替えました。

 

 

VS ビエント

2-1 ○

 

第3節の反省を生かし、中盤で間延びせずコンパクトなフォーメーションを心掛けて試合に入る。

前半から比較的にボールを支配して攻めの形を作れる状況。

 

早々に右サイドからのセンタリングに平本さんが反応してキープ。

相手と競りながら、そのこぼれ球を峰さんが左足でシュートを打つも左のポスト直撃でゴールならず。

ペナルティエリアの中まではチャンスを作るものの、なかなかゴールを割れないまま0−0で前半終了。

 

後半からは峯さんがDFに入り、ナリさんをボランチにしてFWに敢太さん、佐伯さんが途中出場。

時折カウンターを受けるものの、前半同様にキープをしながら攻めつつ、敢太さん、賢くん、阿部ちゃんのシュート等いい形が出来得点の匂い。

 

中盤から右サイドに出たボールに村田がドリブルで仕掛けてペナルティエリア内でシュート。

相手GKが弾いた所を佐伯さんが押し込んでようやく先制。

佐伯さんは怪我からの復帰で久しぶりのゴール。

 

ようやく1点が入ると攻めに勢いが増し、両サイドからの仕掛けで追加点を狙う。

そんな中、中盤の阿部ちゃんから楔のボールが入り、佐伯さんがそのボールを右の村田にスルーパス。

村田がニアに蹴り込んで追加点。

 

得点直後にカウンターから1点を失うものの、そのまま2−1で試合終了。

 

IMG_4989.jpg

この日は敢太さんのお子さんも来られてました。

 

現在シニアリーグで使用している太宰府梅林運動公園は人工芝化の工事が入ることが決まったとのことです。

今シーズンは2回総当たりではなく、1回総当たりにレギュレーションの変更がありました。

7月20日、8月31日に第5節〜第7節が行われ今シーズンが終わりになります。

日程調整のほど、よろしくお願い致します。